ホッとひといき☆スピリチュアル・カフェ byみっき

楽しくてすっごく使えるスピリチュアルなお話でホッとひといき
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆ようこそ☆

shells  こんにちは。みっきです。お元気ですか?

  スピリチュアルって浮世ばなれのイメージがあるかもしれません。
  でもスピリチュアルはとっても身近なもので、その筆頭は「心」。
  スピリチュアルな世界を理解し、知恵を学び、身につけて、
  日々使いこなすことで人生の多くの部分を改善していけますよ。 
スポンサーサイト
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(-)

おひさしぶりです。

しばらくブログをお休みしてました。
そのあいだに、最愛の人を亡くすという大きな変化が私自身にありました。

あー。

人間ってすごい。生きるって不思議。
今はそんな圧倒的な気持ちが心の中に波打っています。

また少しずつ、ブログを再会したいと思います。



未分類 | Comments(-) | Trackbacks(-)

まずは自分。次に自分以外の人たち。

こんにちは みっきです。


この世では他人に良くすることが奨励されています。
人に親切に。人を大切に。人を喜ばせよう。
人のためにできることを考えよう。人のために。。。ために。。。


もちろんそれは良いことだと思うのですが、ちょっとアレ?とも思います。

なんでこの世では、自分に良くすることはあんまり奨励されないんだろう。


というわけで、今日は自分に良くすることを声高に書いてみます。

自分に親切に!自分を大切に!自分を喜ばせよう!
自分のためにできることを考えよう!自分のために。。。


まずは自分。次に自分以外の人たち。そんな順番でいいのです。

自分が不幸なら、まずは自分を幸せにしてあげないとね。

  └人間関係・恋愛・結婚 | Comments(-) | Trackbacks(-)

他人の評価を、自分の価値の基準にしない

こんにちは みっきです。


ちょっと前の話ですが、芸人の又吉直樹さんが芥川賞を受賞して、一躍時の人
となりました。受賞以降、世間の又吉さんを見る目は肯定モード一色となり、
スゴイ人、快挙を成し遂げた人として憧れ目線で見られています。

が、かつての又吉さんは死神と呼ばれていたキャラ。
また、怪しげな風貌のために、かつて街中ではよく警官から職務質問されたそう。


一躍時の人といえば、日本ラグビー代表も。

先のW杯勝ち抜き後は、国をあげてラグビーを熱く応援みたいなニュースで
あふれていますが、正直、それ以前は「ラグビー?それがなに?」という反応が
一般的だったと思います。

もしかすると、沸騰以前の選手たちは「ラグビーやってます」と誰かに言うと、
ふぅ~ん。。。などと冷ややかな反応を返されていたかもしれません。


それで、浮き彫りになってくるのが「人の評価」というもの。


たとえば又吉さんですが、受賞する前と後とでは、本人そのものに変化は何も
ないはず。才能も能力も性格も風貌も、同じ人です。


ラグビー代表にしても、注目される前も後も、一生懸命さや情熱などに変化は
ないはずです。

むしろ、この2者は、スポットライトをあびる前はどちらかというと冷遇・軽視されて
たんだろうな。。。という人たちです。


その人たちの本来の在り方は同じなのに、なんらかの評価を得たりした瞬間、
周囲は急にその人の価値が上昇したかのように扱いはじめるのですね。
ザ・手のひら返し。


そんなことはこの世では日常茶飯事。

そんなありふれた習慣が、人の心にこんな概念を植えつけていきます。

評価を得られた人たちは価値が高く
評価を得られなかった人たちは価値が低い


自己否定や自己嫌悪を感じる人たちの多くは、自分には価値がないからと
いう理由をあげます。

でも、大事なのは、自分の価値を決めるのは誰?ということ。

でも、自分の価値=他人からの評価と考えているのなら、それは再考する
余地があるかもしれません。

  └自己受容と自己否定 | Comments(-) | Trackbacks(-)

かなり、やばい

こんにちは みっきです。


私は食べることがすごく好き。

それで、すごくおいしい物に出会うと必ず「やばい」とつぶやいてしまう。

おいしければおいしいほど、やばい。。。やばすぎコレ。。。とブツブツが
止まらなくなるほですが、この「やばい」って言葉、なんなんだろうとも思います。


もともとは否定的な言葉だった「やばい」君。
最近は普通に肯定的な言葉として使われている「やばい」君。

そんな「やばい」を肯定的に使うと、肯定度が最強になる。

なんだこりゃ。


私はたまにぐわーーーっと幸福感に襲われる(包まれる、か)ときがあって、
そういうときは幸福感が厚すぎて動けなくなったりもするのですが、このときも
また「やばい」とつぶやいてしまいます。

すごくイイけど、ちょっと恐い。

そんなときにつぶやきたい、肯定的で否定的な言葉のおはなしでした。

その他、いろいろ | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。